HOME > 世界と議会 > 2019年


1961年創刊の「世界と議会では、国の内外を問わず、政治、経済、社会、教育などの問題を取り上げ、特に議会政治の在り方や、
日本と世界の将来像に鋭く迫ります。また、海外からの意見や有権者・政治家の声なども掲載しています。
最新号およびバックナンバーのお求めについては財団事務局までお問い合わせください。Click>>

2019年夏号(第583号)

特集:日本の進むべき道

咢堂塾設立20周年・咢堂没後65周年記念講演
「日本の進むべき道」/石破茂

特別論文
 自由民権政治家・西潟為蔵の生涯―政治家の矜持/弥久保宏

■歴史資料から見た尾崎行雄
 第1回「尾崎行雄とうなぎの蒲焼」/高島笙

■INPS JAPAN
 アフリカ―鉱物資源の収奪と環境破壊に苦しむ地元住民

■連載『尾崎行雄伝』
 第十三章 文相の舌禍

2019年春号(第582号)

特集:尾崎行雄生誕160周年記念

「憲政の父・尾崎行雄生誕160周年の集い」
◇主催者挨拶/大島理森、高村正彦
◇メッセージ/安倍晋三、枝野幸男、鈴木健一
◇講演「全米桜祭りへの参加と日米交流」/土井孝子
◇特別寄稿「尾崎生誕160周年の集いに参加して」/ジョン・S・コールドウェル

特別論文
 議員立法充実化による議会政治復権の新提言/片山玲里

■INPS JAPAN
 混迷の度が深まるアフリカ東部・「アフリカの角」地域

■連載『尾崎行雄伝』
 第十二章 松隈内閣

「咢堂ブックオブザイヤー2018」選考結果